クマノミから始めた海水魚飼育

念願の海水魚飼育、クマノミやサンゴの飼育で癒されていますが、始めてから色々な問題に苦闘しています、同じ問題で悩んでいる人の解決になるような事を書いていきつつ、水槽状況も紹介していきたいと思います。

【ヒメゴンベが仲間入り】餌付きもよく水槽にもすぐに溶け込む種類です。

とある海水魚の置いているホームセンターで泳いでいる姿を見て思わず購入してしまいました。

 

f:id:namnam05:20201016225524j:plain

 

今まで飼育してみた海水魚で赤の色が強く入った魚は飼育したことありませんでした。白と赤の体色がとてもキレイで背びれも伸ばすと羽のようでとても魅力のある海水魚です。

 

水槽内にはもうすでに他の海水魚がいるのでイジメられないか、また馴染んでエサも食べでいなかったらどうしようかと心配でしたが購入しました。

 ヒメゴンベは飼育は容易

不安もありながら水合わせをしました。水合わせ中に人工飼料のエサを入れてみた所、食べてくれたのでビックリしました。

 

今まで購入して水合わせ中にエサを入れて食べてくれた魚はほとんどいなかったと思います。餌付けの心配は少しなくなりましたが、水槽に入れると環境に慣れずに食べなくならないかが心配です。

 

そして水槽に投入

 

f:id:namnam05:20201016225535j:plain

 

写真よりも実際見る方が赤は強くとてもキレイですが、変わった背びれでとても可愛いです。

 

ライブロックなどの陰に隠れたりする事もなく水槽内の色々な所を動き回っていて、他の魚にもイジメられる様子も見られなかったので安心しました。

 

私が思っていたヒメゴンべは、水槽の下の方で底砂に這うように生活する種類かと思っていましたが実際は意外に良く泳ぎ回ります。

 

ライブロックの上に静かに止まっていたり、水槽内を動き回っていて隠れる事がないのでいつ水槽を見ても姿が見れるので観賞として、とても楽しませてくれると思います。

 

ヒメゴンベの性格・エビ類は注意

 

おとなしい性格なので混泳は問題ない種類で初心者にいいかもしれませんが、小型の魚は闘争の注意があるそうです。

 

小型なエビなども好んで食べてしまうかもしれないので注意しましょう。

 

私が入れた感想は隠れる事もなくすぐに水槽に馴染んだので、大人しい性格のわりに肝が据わっているなと思いました。

 

今のところは全く問題ありませんが、何か難しい点などがありましたら、また記事にして報告したいと思います。

 

参考にしていただけたら嬉しい。最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

www.kumanomikara.com

 

 

www.kumanomikara.com