クマノミから始めた海水魚飼育

念願の海水魚飼育、クマノミやサンゴの飼育で癒されていますが、始めてから色々な問題に苦闘しています、同じ問題で悩んでいる人の解決になるような事を書いていきつつ、水槽状況も紹介していきたいと思います。

スタポの陰からチラ見していたヤエヤマギンポを撮ってみた

私の水槽内にいるヤエヤマギンポです。 シンプルなカラーで地味ではありますが、よーく見るとカワイイ顔をしているところが気に入っています。 普段は底砂からライブロック、ガラス面のコケを本当によく掃除してくれて私の掃除の手間を省いてくれてとても助…

【キャメルシュリンプでやらかし事件】サンゴやイソギンチャクは注意

この失敗談は、私が海水魚を飼い始めた初心者の時に起きたお話である程度、水質を安定させることが出来サンゴとかイソギンチャクが安定してつぼみを出して生態系が維持できていた際に起きた失敗談です。 当時このキャメルシュリンプというのは、海水魚や熱帯…

小さい海水水槽立ち上げ負の連鎖で自信なくしました

私は元々を淡水で水草を育てていたのですが、水族館に行った時にクマノミの可愛さにゾッコンし、飼育を始めました。 最初にネットや海水魚専門誌を探して、よく読んで何が必要かと色々探りました。最近は水量の少ないミニ水槽が流行っている時でした。 実際…

【初心者の方が陥りやすい失敗】私が海水水槽で失敗した事とは

私が海水魚に興味を持ち、海水水槽での飼育を始めてからこれまで幾つもの失敗をして来ました。 大半は初心者の頃で、今思い返したら知識さえあれば回避出来たかも、と思える様な失敗ばかりだったのです。なので初心者が陥り易いであろう、私がやらかした失敗…

オトメハゼによる下部フィルターでの水質悪化 

海水水槽での失敗談ですが、オトメハゼらによる海水水槽悪化という経験なのですが、ハゼ系の仲間を海水水槽で飼育していた際、その他の魚と混泳させていた際に起きたことになります。 水槽の上の方には泳いでいる魚はいるので、水槽の底の方で生活し、砂の中…

【オトヒメエビがクマノミを捕食し全滅に】小魚は注意が必要

海水魚を飼育している水槽での失敗談ですが、オトヒメエビの性質を見誤り、飼育していたクマノミを全滅させてしまったことがあります。 オトヒメエビ自体は小魚は勿論、自分よりも若干大きな魚でもまれに襲うことがある事は知っていました。 ですがオトヒメ…

【コケの悩み解決ヤエヤマギンポの凄さ】ライブロックには超優秀なクリーナー生体

以前の記事でも書かせていただきましたがクリーナーとして優秀なヤエヤマギンポの紹介をしたいと思います。 一カ月ほどで実感 水槽に入れてから一か月半ほど経ちました。以前は10日ほど中々姿を見せず心配な時期もありましたが、最近ではようやく水槽内に慣…

購入した魚が中々エサを食べてくれない場合

魚をせっかく買ったのに水槽に投入後エサを全然食べてくれなくて心配になる事があると思いますが、魚も今までとは違った環境に急に変わればビックリしてエサを食べなくなります。 人間も今までとは違った環境に自分の意志とは別に移動させられれば、落ち着く…

コブヒトデ水槽内での動きが思っていたより凄い

以前紹介したコブヒトデが思っていたより水槽内のどこにでも動きまわりクリーナーとして働いています。 底砂の上をそこら中動き回っているので、食べ残しのエサをしっかり食べていると思います。 ライブロックの上にもよく上りクリーナーとしてしっかり仕事…

ボルクスジャパン・ベスタウェーブVW04A水流ポンプの使用感想

ボルクスジャパン・ベスタウェーブVW04A水流ポンプを購入したので使用感想を書いていきたいと思います。 年末にセールになっていたのがベスタウェーブVA04Aで5800円で売られていました。 今ネットでみると1万円ほどするので、かなりお得に買い物…

海水水槽でのコケの種類と防止・対策。放置して大量発生に注意

海水魚飼育において、切っても切り離せない厄介者である苔には、大きく次の種類があります。 立ち上げ初期にまず悩む茶苔 一つ目は、海水魚飼育における苔界のスタンダード「茶苔」です。茶苔は、水槽のガラス面やライブロックをはじめ、底砂・飼育機材(フ…

【ヤエヤマギンポの飼育・特徴】コケ取りでも有名なヤエヤマギンポを投入

今年の元日に初売り価格で売られていたヤエヤマギンポを購入したので、その後の水槽に投入した状況を書いていきたいと思います。 購入したヤエヤマギンポは7㎝ほどでMサイズ位でした。800円で普段より少しお買い得な値段で購入できました。

海水水槽でのカニの特徴・

エメラルドグリーンクラブの飼育での注意点 海水水槽内で飼える有名なカニついては、エメラルドグリーンクラブが有名です。このカニは、西部太平洋を主な活動地域としているカニで草食のカニです。 草食である為、他の生物を襲わず、藻や苔を取ることで生き…

エメラルドグリーンクラブは海水水槽では定番のコケ取り

カニというのは、甲殻類の中でも人間にとって比較的馴染みのある生物となっています。ですが主に食用として馴染み深いだけで、ペットとしてカニを飼育しているという人はそこまで多くありません。 実際に同じ甲殻類で海水水槽で飼育する生き物として、エビや…

2021年 元日チャームに行ってきました。もの凄い人でビックリしました。

1月1日今年もチャームさんにお邪魔しました。今年はコロナ化で、どこにも行く予定は立てていませんでしたがチャームさんには行こうと考えていました。 12時からオープンで私が到着した時は、12時20分位で外にもの凄い行列でビックリしました。コロナ…

タバネサンゴの色が抜けて弱ってしまった。ダメージでの共肉の萎縮

ハードコーラルであるタバネサンゴをちょうど1年ほど飼育してきました。全く問題なく1年ほど飼育出来ていたのに、いきなり急速に状態が悪くなってしまいました。 タバネサンゴは一度弱ってしまうと回復は難しいとも言われているので、可哀想ですが反省して…

【強力な掃除道具】放置して、こびり付いたコケ・藻類の掃除

少し前の水槽の写真の一部です。ガラス面やストレーナー部分には茶コケが酷く生えていて、部分によってはスポンジなどでは全く取る事の出来ない程のコケもありました。 またライブロックには色々な海藻類も生えてきました。生えてきたからと言っても害がある…

【コブヒトデでクリーナー対策】ライブロックの表面や底砂の食べ残し対策

魚に与えるエサを沈下性のエサに変えた為、今まで以上に食べ残しのエサで水質悪化が心配になったので対策としてコブヒトデを入れてみる事にしました。 底砂のエサの食べ残しやライブロックなどの汚れ対策ではすでにマガキガイが入っていますが比較してみたい…

イソギンチャクもどきのディスクコーラルが分裂

ソフトコーラルの種類でディスクコーラルを飼育していますが、もの凄いスピードで成長してきました。イソギンチャクもどきと言われるだけあって短い触手ではありますが本当にイソギンチャクのようです。 最近ではクマノミがスリスリするようにまでなりました…

【vitalis プラチナマリンペレットXS】魚の食いつきは〇で沈下性

今回はいつも使用している餌ではなく違うエサに変えてみて魚に与えてみる事にしました。 今まで与えていたエサは写真の物で、無くなれば詰め替えを買って与えていました。 写真のエサはどの魚も食いつきもよく食べてくれていたので決して不満があったわけで…

【初心者向きシマキンチャクフグ】やっぱり大人しくて飼育しやすい

シマキンチャクフグは飼育二度目になります。一度目は水槽内から飛び出してしまい☆になってしまいました。 海水水槽初心者だった私でもシマキンチャクフグはとても飼育しやすかった記憶があり、また見た目も個人的に好きでとても可愛いいです。 フグの種類の…

【ヒメゴンベ飼育状況】飼育が容易でおススメの一匹

ヒメゴンベを飼育してから1ヶ月以上が経過しました。飼育してみた感想で良かった点と悪かった点をお伝えしたいと思います。 良かった点 飼育してみて良かった点は、水槽に入れた当初から隠れる事も少なく姿を良く見せてくれるので観賞魚としてとても楽しめ…

【効果のあるコケ取り生物】海水水槽コケ対策で入れる生体について

水槽で魚を飼育していると、淡水であっても海水であってもコケが必ず生えてくるものですが、そのコケは特に何も害がないのですが、鑑賞する側で考えるとコケがあるだけで水槽の見た目のランクが一気に落ちて鑑賞価値が低下するものです。 コケだらけの水槽か…

海水魚・サンゴ飼育で必要な知識

地球約3分の2は水に覆われている広大な海であり、一般的海水魚飼育は温かな海のサンゴ礁で生活してる魚たちが主として飼育されます。 マグロ、深海魚など海水魚は一般家庭の水槽飼育には向きませんが、今では海水魚と一緒にサンゴなど無脊椎動物を水槽内で飼…

初心者にありがち急速に悪化する水質について。4つの理由

魚の入れすぎ注意 初心者の方で、海水の水質が急速に悪化する現象に見舞われた方は多いかと思います。水質が急速に悪化をする原因ですが、一つは、魚を不必要なまでに水槽の中で飼っていることです。 この魚も、あの魚も入れてみたいと小さい水槽に過密状態…

サンゴの特徴と飼育のポイント

海にはカラフルなサンゴがたくさん生育しており、こういったものを水槽で飼育できれば、美しいものを間近でいつでも見ることができて素晴らしいことでしょう。 しかし、きれいな状態にサンゴを保つためには飼育方法に注意することが大切です。 サンゴはどの…

水槽内のコケの発生をゼロにするのは難しいのでコケ対策

海水水槽で飼育していて多くの人を悩ませるものがコケです。コケが生えていても、ほとんどの魚やサンゴなどには悪影響を与えませんが、水槽内が見えにくくなってしまうし、見栄えがよくありません。 コケはパイオニア植物といって、遷移のはじめに裸地に侵入…

【色鮮やかなオトヒメエビの落とし穴】初心者には難しい種類のエビ

海水魚専門誌などや、海水魚のショップなどでてオトヒメエビを見たことがある方は多いかと思います。 クリーナーシュリンプとしても有名で、色鮮やかな体色が魅力的で過去に飼っていたという方も多いいかもしれません。しかしながら、多くの方がその気性の荒…

【寒さ対策】水槽用ヒーターの準備

朝方になると肌寒く感じる時期になってきました。 あまりにも寒くなるのを無視していると水槽の飼育水の温度が上がらず生体にストレスを与えてしまい最悪死んでしまう事もあるので早めの寒さ対策が必要です。 今年もヒーターを設置して冬をしのいでいきたい…

【ヒメゴンベが仲間入り】餌付きもよく水槽にもすぐに溶け込む種類です。

とある海水魚の置いているホームセンターで泳いでいる姿を見て思わず購入してしまいました。 今まで飼育してみた海水魚で赤の色が強く入った魚は飼育したことありませんでした。白と赤の体色がとてもキレイで背びれも伸ばすと羽のようでとても魅力のある海水…