クマノミから始めた海水魚飼育

念願の海水魚飼育、クマノミやサンゴの飼育で癒されていますが、始めてから色々な問題に苦闘しています、同じ問題で悩んでいる人の解決になるような事を書いていきつつ、水槽状況も紹介していきたいと思います。

海水魚を飼育して初めての夏がくる方必見、早めの暑さ対策をしておきましょう。

水槽を始める時、立ち上げ時期が冬場の場合ヒーターを設置して温度調整すると思います。また春や秋になるとヒーター又は部屋のエアコンでの温度調整で、ある程度安定した水温を調整することも出来ます。

 

夏場になると必ず水槽用クーラーが必要になります。暑い時期が来る前に早めの設置をおススメします。

 

もし暑くなってからクーラーの購入を考えると、設置するまでの何日かで水温の上昇によって魚やサンゴの生死に関わってきます。

 

いざクーラーの購入を考える時、金額の高さに驚くと思いますし予算の関係で手が出せない事もあるかもしれません。前もってクーラーの予算を考えて購入しておく事が一番いいと思います。

 

水槽の大きさに対して容量不足のクーラーを購入することだけはしないように注意してください。私は最初予算の問題で能力不足のクーラー購入をして大変な思いをした経験があります。

 

水温の変化での生体へのストレス

 

暑い時期が来てからの購入ではなく、暑い時期が来る前に購入して設置しておきましょう。暑い時期がきて水温がすでに上がってしまったタイミングでの購入になると、水温の変化に弱い魚は病気になったり、ストレスを抱えて死んでしまう事もあります。

 

サンゴは魚以上に温度変化に敏感なので温度管理はとても大切な事なのです。

 

水槽に合った能力に余裕のあるクーラーの設置

 

私は初めてクーラーを購入した時、予算の問題もあり小さめのクーラーを購入しました。その為猛暑の時、容量不足で水温が安定せず大変苦労しました。

 

クーラーもフル稼働で電気代も高くなりますし、機械への負担も大きかったのか1年ちょっとで故障してしまいました。

 

故障してすぐに新しいクーラーの購入をしたので短い期間で2台のクーラー購入と、とても大変な思いをしました。

 

なので最初から金額は高くついてしまいますが、妥協しないで購入する事をおススメします。

 

クーラー選び

 

クーラー選びは水槽の大きさに対して、ギリギリの容量のクーラーを選ぶのではなくワンサイズ上のクーラー選びが大切です。

 

夏場の間、部屋にいない時もエアコンで涼しい部屋にできればギリギリの容量のクーラーでもいいのですが、部屋にいない時エアコンは付けていない方がほとんどだと思います。

 

エアコンが付いていない猛暑の時の部屋の温度はビックリするほど暑く感じます。ギリギリの容量のクーラーでは猛暑の日水温を下げる事が厳しい事もあります。

 

水槽の水温は外部の温度でとても簡単に変化します。猛暑の日でも対応できるワンサイズ上のクーラー選びが、何度も言いますが大切です。

 

私も失敗して痛い目にあいました。高い買い物になると思いますが良く考えて皆さんは失敗しないように私の経験が参考になったら嬉しいです。

 

 

www.kumanomikara.com

 

 

www.kumanomikara.com

 

 

www.kumanomikara.com