クマノミから始めた海水魚飼育

念願の海水魚飼育、クマノミやサンゴの飼育で癒されていますが、始めてから色々な問題に苦闘しています、同じ問題で悩んでいる人の解決になるような事を書いていきつつ、水槽状況も紹介していきたいと思います。

30㎝キューブ水槽で海水水槽を始めた時、すべての設備とかかった予算の紹介と失敗した事

海水水槽を始めたいなと思っても、一体どのような設備が必要でどのくらいの予算がかかるのかとても気になるところだと思います。

 

私はカクレクマノミを飼育したいと思い海水水槽を始めましたが、海水魚でとても人気なクマノミに憧れて始める方は多いいと思います。

 

海水水槽の事を全く知らなかった私が、飼育を始めた時の設備と金額を簡単ですが紹介していきたいと思います。また失敗した事も紹介してこれから始める方に参考にしていただけたらと思います。

 

f:id:namnam05:20191027224650j:plain

 

 

設備・小物(大体の金額)

  • 水槽(30㎝キューブ水槽)  2000円      
  • 外部フィルター(エーハイム500)  7000円
  • クーラー(ゼンスイTEGARUヒータも内蔵)  18000円
  • LED照明  5000円
  • 天然海水  3500円
  • ライブロック  3000円ほど
  • 底砂  600円
  • カルキ抜き  300円
  • バクテリア材  1100円
  • 外部フィルター内のろ材  800円
  • 比重計  1200円
  • 水温計  500円
  • 生体(クマノミ他)  2000円前後
  • エサ  800円
  • 水替え時必要な物(バケツ・プロホース)  2000円

以上紹介したものが私が初めて購入してクマノミを問題なく飼育出来た設備です。金額としては大体ですが、上記の金額を足すと47,800円ほどです。正直安い金額ではなく驚いた方がほとんどだと思います。

 

TEGARUのクーラーだけで18000円もするのには驚き、最初は部屋の室温をどうにか安定させようと思い購入はしませんでしたが、結局無理でクーラーも購入しました。

 

私もこんなにかかるとは知らず最初は困惑しました。一度揃えてしまえば大きい金額はさほどかからないので安心してください。

 

注意

 

注意としては海水魚以外の生体を飼育する場合は、さらなる設備の購入が必要になる事もあるのでしっかり頭に入れてください。

 

例えばサンゴも飼育したい、クマノミがいるならイソギンチャクも飼育したいなど飼育する個体が変わってくると水質をさらに安定させるためプロテインスキマーなどが必要になる事があります。

 

サンゴやイソギンチャクは水質がキレイでないと飼育が難しい為しっかり飼育したいのであればプロテインスキマーは必須と考えましょう。

 

失敗した事

一番の失敗は何といっても水槽のサイズです。30㎝キューブにしたことで初めはクマノミだけでいいと思っていましたが、いざ飼育を始めると他の魚やサンゴ・イソギンチャクが飼いたくなります。

 

30㎝水槽でももちろん飼育出来ますが、水槽が小さい分入れられる生体の数も少なくなります。上記の設備でショップの方に初めて聞いた時はクマノミをはじめとした海水魚のみでも3~4匹位が限界と言われました。

 

水槽が小さいとその中に入る飼育水も少なくなります。その分水質悪化も早くなり汚れるスピードが大きい水槽に比べて早いのです。

 

結果初心者の方が始めるには多少リスクと手間も水槽が小さいとかかるのです。

 

それを知って海水水槽を始めましたが、すぐに60㎝水槽を購入しサイズアップしてしまいました。

 

水槽アップによって失敗の連鎖

 クーラー・ライト

 

水槽のサイズアップをしたのは良かったのですが、最初に買ったクーラーが60㎝には容量不足で猛暑の日には中々水質が安定してくれず常にクーラの購入を考えていました。

 

 容量不足で設定温度まで落とせなく水温が安定しない場合はサンゴ・イソギンチャクは難しいと思ってください。

 

せっかく買ったので頑張っては見たものの、フル稼働のせいか1年ちょっとで故障してしまいました。結局さらに上ランクのクーラーを購入しました。

 

LED照明も30㎝水槽の照明では60㎝水槽に対して小さいので、こちらも購入し痛い出費となりました。

 

 

www.kumanomikara.com

 

初めての方向けの、水槽セットもある

私はバラバラですべての物を揃えましたが、初めての方向けの水槽セットも販売されているのでそちらでの水槽開始もいいかもしれません。

 

中にはクーラーやヒーターが付属されていない物もありますが、一年中部屋の温度をクーラーや暖房で安定させていない限り必ず必要になるのでクーラー・ヒータの購入は頭に入れておいてください。

 

クーラーが入る事で金額がかなり高くなりますが、そこは妥協しないで諦めてください。

 

セットの中には自分が欲しい物ではない物がセット内容になっている事も少なくないと思います、その場合はしっかりと調べて単品で購入しましょう。

 

まとめ

 

どんな始め方をしても必ず後悔する部分が出てくると思いますが、私の場合はかなりの痛い出費にもつながりました。これから始める方は少しでも失敗や後悔しないように、参考になって頂ければ嬉しいです。

 

 

www.kumanomikara.com

 

 

www.kumanomikara.com

 

 

www.kumanomikara.com